--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/17/2010    黒豆味噌*

先日、兵庫県の黒豆の産地で有名な丹波篠山へ。
熊が出るほどの山奥なのですが、
良質な農作物が取れるところでもあります。

兵庫県といっても京都との県境。
京都の錦市場でも丹波篠山の黒豆売っていますよね。

仕事帰りにお正月用の黒豆をお安くゲットしてきました^^

そして伺ったお宅ではご自宅で黒豆でお味噌を作っていると聞いて、
思わず、「欲しい!!」(遠慮をいうものを知りません^^;)

「好き嫌いがあるかも知れへんから、ま 舐めてみ!」
20101117-ps-001.jpg
ものすごーく美味しくて!
お味噌汁に使うのがもったいないくらい。
舐めながら、お酒飲みたい。白いご飯欲しい。キュウリ欲しい。(笑)

頂いて帰り、お味噌汁にも使いましたが、
コクがあってまろやかで本当に美味しい味噌。

これから仕込みだと聞いて、3キロほど頼んで帰って来ました♬
出来上がるのが楽しみ♪


突然ですが、この花何かわかります?!
20101117-ps-002.jpg
私、初めて知ったのですが、サフランの花だそうです。
可愛いですよね~。
いくらでも増えるし、プランターでも育てられると聞いて、
またもらってしまいました(爆)

白枠の赤いのが、いつもみているサフラン。
干せば出来上がり。


楽しい出張でした^^


スポンサーサイト
06/25/2010    ちりめん山椒と愚痴*

この1月に頭の痛い問題が勃発し、半年ほど沈静化していたのに、
ここにきてまた、勃発。

1月と同じで1ヶ月間ほど眠れぬ不安な日々を過ごすことに。
今は1ヶ月で済むことを祈るわ~。

なんてったって大事なNYも精神的に痛い時の旅行となることが決定。
テンション下がる~凹むわ~。

でも、凹んでばかりいられない!
これはマジで何か考えておかないと半年ごとに勃発じゃ
やってられないわ(`-ω-)

がんばろ。




新鮮な実山椒が手に入ったので「ちりめん山椒」を。
20100625-ps-001.jpg

【材料】
ちりめんじゃこ 150g
実山椒 大さじ3
みりん 1/4カップ
お酒 1カップ
おしょう油 大さじ3

【作り方】

1.ちりめんじゃこははざっと洗ってザルに。

2.鍋にみりん、お酒を入れてひと煮立ちさせ、
しょう油を加え、さらにちりめんじゃこを加えて
アクを取りながら弱火で15分。

煮汁が1/3くらいになったら、実山椒を入れ、5分。
煮汁がなくなるまで煮る。

※実山椒は下ゆで処理したものを使用。


石原洋子さんのレシピですが、私はこの味がとっても好き。
年配の方に差し上げても喜んでもらえます^^



この記事を書こうと以前の「ちりめん山椒」の日記をたどったら、
愚痴こぼしてました(笑)
ちりめん山椒を作ると愚痴りたくなるような問題が勃発するのかな~。と(≧m≦)



明日から東京で5泊。

あ~_| ̄|○
本当は家にいたいのです!
お料理作ったり、ケーキ作ったり、陶芸を習ったり、
フラワーアレンジメントや水曜日には映画。
ゴルフ練習やランチ。

「すぐ、飽きるぞ!」←Mr.Pの声

良いんです!!飽きてみたい~!!


04/13/2010    春野菜の下ごしらえ*


出張から帰ると荷物はフルーツや野菜でいっぱい^^
代々伝わる各家庭のご飯のお供や総菜を頂き、うれしい限り。

こんなに出張が多いのにいつ食べるんだろ~(笑)

20100413-ps-001.jpg


生で食べれるものは生で。

日持ちをさせるのに薄味で、
少々炊いておくのもひとつの手。

ほんのり甘く、だし汁が効いていて
卵焼きに入れたり、そのままかつお節を
かけて食べたり、ごま油で炒めたり。

無農薬のなのでピンク色まで食べれます。
こういう頂きものが一番うれしい。

生産者の顔が見えて、しかも無農薬。





20100413-ps-002.jpg

これは裏山で採れたタケノコだそうで。

ぬかで下ゆでし、下ごしらえ完了。

大きめに切って出汁で炊いておき、
後は、スライスしてパスタに使ったり、
タケノコご飯に入れたり。

ちょっと味をつけとくとすぐに調理出来るので
忙しい家庭には向いてるかも。





いつもは適当に我流で作るのですが、
今回はどちらも飛田和緒さんのレシピでやってみました。

良いですね~♪味が優しい♪

飛田さんをもっと知りたいな~って気になってきました^^


もっともっとキッチンに立てる時間が欲しいな~。





20100319-ps-001.jpg
出張先で教えてもらいました。
干さなくて良いので簡単に出来て、しかも美味しい!

ご飯の友ばかり作ってるこの頃ですが、
好きなんですよね~ごはんの友^^


【覚書レシピ】
◎大根・・・・・2kg(2本分くらい)

◎煮汁
●砂糖・・・・・400g
●醤油・・・・・2カップ
●酢・・・・・1カップ
●土生姜・・・・・両親指合わせたくらい
(でもお好みで増減)
●梅干し・・・・・紀州梅の大きなので2個くらい
(これもお好みで増減)

<作り方>
大根は2ミリ程度の銀杏切り。
辛くならない程度に塩をふり一晩おく。

↑と同時進行で

生姜を千切りにし、煮汁の材料を全て火にかけ、
砂糖が溶けたら火を止めて冷ます。

翌朝、冷めた煮汁の中に大根の水気を軽く切ったものを
入れて火にかけ6分(少しフツフツするくらい)したら
すぐ!引き上げる。

残りの煮汁を半量になるまで煮詰める。

煮汁を冷ましてから引き上げた大根を入れて漬け込む。

2時間もすれば食べれるように♪


黒酢でやってみたのですが、少し味が濃かったので、
黒酢の場合は少し配分を考えた方がいいかも。

大根2本ってスゴイ!って思っていましたが、しんなりして
ちょうどよくなりました。


タイミングよく、カレーを作ったのですが、
福神漬けがわりにちょうど良かったです^^


02/15/2010    ぶた味噌*奄美大島

先日行った奄美大島で作り方を教えてもらった「ぶた味噌」
20080215-ps-001.jpg
とにかく衝撃的な味で、美味しくて美味しくてご飯が何杯もいける最高のおかず。
こんなに美味しいものがあったのか!!
思わず、作り方を聞いて帰りました^^;
舌が忘れてしまわぬうちに・・・。

Mr.Pいわく、「あの味と同じ!」だそうで、ひと安心^^



【覚書・ぶた味噌】
◎つぶみそ・・・300g
(↓つぶ味噌だから美味しいんだと力説されました・笑)
◎島ざらめ・・・100g(三温糖でもOK)
◎ゴーヤ・・・1本
◎かつお節・・・1パック
◎豚三枚肉・・・100~150g
◎ピーナッツ・・・大さじ2(粉々につぶします)
◎ごま油・・・大さじ2
◎しょうが・にんにく・・・各2かけ分(お好みで増減OK)

20080215-ps-002.jpg
どれもあの、愛しのビックⅡで購入^^

【作り方】
豚肉を細かく切り、炒める
油が出てきたら、薄切りにしたゴーヤを投入。
(個人的には豚をカリカリ一歩手前まで炒めた方が好き)
しょうが、ニンニクも入れる。
味噌投入。焦げないように混ぜ合わせる。
砂糖投入。これも焦げないように混ぜ、ごま油を入れる。
続いて、ピーナッツにかつお節を入れ、混ぜ合わせて練る。
以上!
ようは、全てを混ぜ炒める感じなんだな~たぶん^^;
これでもりっぱに美味しかったぁ~。

これにお酒やみりんを入れても良いんだと思う。

ずっと作り続けたいと思う一品です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。