--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/31/2008    SATC

このブログが私のメインのブログとなりますが、
この他に3つのSNSに参加(爆)しており、
そのSNSでの日記はここを丸写し状態のものです。

いろんな関係の方に見て頂いているのでそれぞれに興味のある日記の
内容であれば質問もコメントも様々で、趣味や夢中になれるものの元に集まった仲間には
いろんなことを教わったり、聞いたり、本当に楽しく、3日坊主の私が
ブログをここまで長く続けていられる理由のひとつとなっています。

あ、前置きが長すぎました^^;
そんな中、SATCについての質問がありました。
せっかく映画も公開中なのでこの場で質問にお答えしようと思います。

質問は
・キャリーの自宅
・4人でよく食事をしているエリア
・スミスと出会ったレストラン
・SATCで出てくるバー

地図を書いてみました。見えづらいかも^^;
20080831.jpg
Aのガンズウールホテル屋上のプールが使われました。
このホテルの斜め向かいにあるのがBのPastis.
ロシア人の彼と行ったり、スミスのゲイ疑惑の記事に載った写真を撮られたレストランで
この他に数回使われていますが、いつ行っても並んでます。セレブもよく来るとか・・・。
味は普通・・・って感じです。
pastis[1]
右の写真がPastisの外観です。

CがBleecker ST にあるマグノリアベーカリー。
471100479_245[1]

キャリーとミランダがお店の外でカップケーキを食べたのがココ。
上記写真の左がお店の外観。

Dは同じ通りの角にあるMARC JACOBS
バッグにドレスなどが実際に撮影に使われたデザイナーのお店。

ここの角を W.4 STに向かって曲がると E キャリーの自宅として使われた玄関。
P1010506[1]
実際の設定はアッパーイーストに住んでいることになっています。

近年玄関の周りはこんな感じ。
実際にはココに住んでいる住民もいてえらく迷惑とのこと。
ウロウロすると警察に通報します。とついに警告が。。。
気をつけてくださいね。
house[1]
これじゃ迷惑ですよね。みんな玄関で写真撮ろうと列を作っているんですから。
私も撮りました。スイマセンm(_ _)m

見えにくいですが丸で囲んであるFはミランダがブレディを遊ばせていた公園。
確かミランダが転んだ公園もここだったような・・・。

4人がよく食事しているのはここMPDエリアとユニオンSQ周辺が多いです。
バーもそのあたりかと・・・。
もっと詳しく何シリーズの何エピソードに出てくるバーとかフォーカスしてくれると
詳しく答えることが出来るかも知れません^^;

スミスと出会ったバーはスタジオセットらしいですよ。
あと、フォークとナイフの絵柄のあるメニュー表を見ているレストランも
スタジオセットだそうです。

明日はうちのMr.ビッグとSATCを見に行きます。
2回目・・・(≧ω≦。)プププ
今からウキウキで~~~す*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚



スポンサーサイト
08/30/2008    祖父の軌跡

お盆で帰省した際、実家から一番近い祖父が生前作った彫り物を見に行った。

祖父は大工さんでしたが、高いところが嫌いな高所恐怖症(笑)
なので大工と言ってもほとんど彫り師。
20080830-004-p.jpg

尋常小学校しか出ていない祖父ですが、デザインも手掛けていました。
20080830-002-p.jpg

広島で誰でも知っているようなお寺などでは
何かしら祖父の彫刻の軌跡を見ることができます。
20080830-001-p.jpg
妥協を許せず、弟子入り希望者も1日で去っていく(爆)という頑固者でしたが
私には優しい祖父でした。

ただ黙って黙々と私達に時々珈琲を煎れさせながらの
地味な作業だった記憶しかないけれど、
亡くなったあともこうやって存在していたという証を遺せる仕事を持っていたんだね。

作業場に入ると木くずから出ていたあの木の香りを心地よく思い出せる。
そんなお盆でした。

08/28/2008    癒し*LUKE

涼しくなり、気持ち良いのかぐっすり眠るルーク。
P1000009.jpg
この姿を見ると優しい気持ちに。


不意に訪れた吉報。
「あなたの税金お返しします」ハガキ!

払いすぎたのなら返ってくるのが当然なんだろうけど、
何とも言えぬお得感! (≧m≦)ぷっ!

この機会を逃すわけには行きません!

仕事に名を借りてゴルフの旅に出かけた誰かさん。

私だって爆発よ~。
買っちゃった!(* ̄m ̄)プ
20080827-001.jpg
柴田慶信商店さんのおひつ。

うちは炊飯器がなく、もっぱらルクでの炊飯。
保存や保温機能がないので一度には多く炊けず、
コンロ数が限られているので不便なこともあり・・・。

この秋田杉で作られた曲げわっぱは夏場の常温で3日間は日持ちするという優れもの。
3日間も入れて置くことはないけれど、そう聞くと安心ですよね。
20080827-003.jpg
しゃもじもついてました^^

20080827-006.jpg
これが匠の技。飯粒がきれいに取れるようふちには特殊な技術が施されています。

栗久さんのと悩んだんだけど、栗久さんはお弁当の曲げわっぱを持ってるし、
今回は税金も返ってきたし、アコガレの柴田さんのにしました。
20080827-007.jpg

これでルクからおひつにご飯を移す手間が出来たけど、
その手間も楽しいもんです。
20080827-010.jpg

季節も秋を向かえ、美味しい季節へと移りゆくし、
おひつのおかげでご飯も美味しくなるし、
体重もまた増えること間違いなしだな~。ヽ(゚Д゚;)ノ!!

08/23/2008    SEX AND THE CITY

ついに公開日!!
*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*
20080824-003.jpg
この4人に会ってきました。
もう最高!オープニングの曲が鳴り始めたるとウルウルっときちゃったなぁ~。
会いたかったよぉ~。と叫びたくなった(笑)

4人がスクリーンで動いてるだけで満足w
懐かしい面々も見れて、NYも恋しくなって・・・。

あと4ヶ月後のNYが待ちきれない.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚
久しぶりにSATCツアーでもするかなぁ・・・(* ̄m ̄)



映画の後はもちろんコスモポリタンを飲みながらのGirl'sTalk.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★
メンバーはDreamer K とabnormal M
20080824-004-p.jpg
NYスタイルのあの大きなカクテルグラスで飲みたいのに小さなグラスのコスモポリタン(泣)


Girl'sTalkはとどまることも知らず、気がつけば午前2時40分ヽ(゚Д゚;)ノ!!
我が家のMr.ビッグ(≧ω≦。)を放ってココまで飲むのは初めて。
帰るとMr.ビッグはすっかり夢の中でした。

そして小さなMr.ビッグは夜行性のため、元気いっぱい!
時々遊ぶ追いかけっこを要求され、リビングと寝室を5往復ヽ(゚Д゚;)ノ!!
酔った上に、若くない母には拷問のようでしたが楽しむ小さなビッグを見ると
母はついつい頑張ってしまいました(笑)

本当に幸せな一日でした。
あともう一度くらいは見に行こうかな♡



08/22/2008    そうめん瓜

突然ですが、そうめん瓜って知っていますか?
(そうめんかぼちゃとも言います)
田舎の方ではよく食すようですが、お店にはあまり出回らないもののようです。
先日の朝市で見つけて買ってきました。100円!!*:.。☆..。.(´∀`人)

これがそうめん瓜。
歯ごたえがよく、何にでもよく合う瓜です。
20080822-001-p.jpg

そうめんのようになるのでそう呼ばれているようです。
(そのまんまやないかーい!by髭男爵)

調理方法を・・・・。
硬い硬い実を3センチほどの輪切りにします。
ものすごく硬いので気をつけて~。
20080822-002-p.jpg

約20分間ほど湯がいてザルにあげます。
流水をさらすとそうめんのようになりながら形が崩れていきます。
20080822-003-p.jpg
周りの硬い皮だけを残します。(手で簡単に取れます)
ほら!そうめんみたいでしょ^^
20080822-004-p.jpg

定番は酢の物。
20080822-005-p.jpg

残りを辛子明太子とマヨネーズで和えてサラダに。
20080822-006-p.jpg
そうめん瓜の独特のシャキシャキ感があって夏にはピッタリ.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#



他にこんな食べ方あるよ~ってご存知の方は教えてくださぁ~い♡
08/21/2008    みょうが味噌*手作り

島根県の農家さんから多量のみょうがを頂いた。

「こんなにいいんですかー?」

と言いつつ、にんまり+゜*。:゜+(人*´∀`)
美味しいですもんね^^

いっきに食せる量ではなかったので、「みょうが味噌」を。
20080821-005.jpg

【材料】
みょうが 200g
合わせ味噌 200g
砂糖 80g
みりん 大2
お酒 大2


鍋に調味料を入れて温めながら木ベラで練る。
調味料が溶けたら、
粗みじん切りにしたみょうがを入れ、
ひと煮立ちさせる。

たったこれだけで簡単なのに美味しいの!
味噌とお砂糖はお好みで調節してみて下さい。

熱々ごはんや田楽に野菜スティックにつけて食べると、も~~~~(*>ω<*)
20080821-003.jpg
昨夜の残りご飯で焼きおむすびに・・・。これもなかなかGOOOOODでした^^



それから小ぶりのみょうがは、Kayoさんところで教えてもらった(勝手に真似しやした^^;)
「茗荷の梅酢漬け」に。
20080821-006.jpg
タイムリーなレシピで感謝です^^

これもまたかわいいピンクで見た目にも食べてもGOOOOOOD!

みょうがをこんなにたくさん食べたら、益々おバカになるかしらん(≧m≦)



08/18/2008    MIKADO

お盆は仕事だったり、オリンピックを見たりと家をほとんど出てない。
出かけたと言えばおじいちゃんの初盆の法要くらいで・・・。

なのでブログのネタもないし。。。
と放っておくとメールが。

ありがたいことです♪生きていますよ~(笑)
生きてる証に(?!)質問のあった、うちの椅子をご紹介します^^

20080818-001.jpg

何度かブログでも出てくるこの椅子。

MIKADO

と言い、
ヨハネス・フォアソムとピーターヨート・ロランセン
というデンマークのデザイナーが考えた椅子です。

何種類かの素材があるのですが、
うちのはモカ(バーチ+ウォールナット)

池袋のイルムスで購入。



最初見た時はなんだか製作途中のような形で
中途半端な椅子だなぁ~と思って好きではなかったんです。
(ホントはYチェアーが欲しかったのよー)

聞くと、ルーツは日本であること。
(昔、帝が遊んだ遊具からヒントを得たらしい。)
背もたれのところが寄りかかると適度にしなり、すわり心地が良かった。

などの理由でこの椅子に。


20080818-007.jpg

窓から入ってくる日差しで出来る影もなかなかおもしろく、
この辺も考えられてるのかなーと思ったり・・・。

もちろんこれだけではお尻が痛いので(笑)
専用のクッションをしています。

実際はどうなんだろう~?
と思っていましたが、飽きがこない上に
圧迫感がないので部屋も広々と見えて、
結果、良かったな~♪



良くなくても良いと思わないとね!
安くないんだから!!

という気持ちも否めませんが・・・・(笑)
修理もきくし、長く使えるってことで・・・。

毎日毎日座る椅子。
これからも長い付き合いになりそうです^^




08/11/2008    夏の終り*ルーク

もう残り少ない命で我が家のテラスへ飛んできたセミ。
そろそろ夏も終りに近づいているんですねー。
20080811-002.jpg
と、感傷的になったのもつかの間。


ものすごい早さで飛び出してくる方ひとり・・・。

「もう死んでるんじゃない?」
20080811-004.jpg

クンクンしていると、突然騒ぎ出すセミ。
そしてその光景にパニくるルーク。
恐ろしい早さで家の中まで持って入ってしまいました。
20080811-013.jpg

20080811-014.jpg
その素早い行動に「まだまだいけるじゃん!」と喜ぶ私。

いかんいかん。この方に預けておくと遊んでなぶり殺しの道へまっしぐら!
そっと引き離し、外へ逃がしてやりました。
獲物を取り上げられたかのように悲しい顔をするルーク。
仕方ありませんな!




暑くてシャワーばかりでしたけど、久々にお風呂に湯をはって入浴。
Mr.Pについて入ってお湯をもらって飲むのが好きなルーク。
Pが身体を洗い終わってお湯を汲んでくれるまでこうやって待ちます。
20080809-005.jpg





お風呂が終ると夜のストレッチ。
この時の箱が・・・・。
20080625-002-p.jpg
現在はこうなってます(笑)
20080811-001.jpg
20080809-009.jpg
ものすごい格好で勢いよく壊してます。
もうそろそろ組み立てなおしも限界に近づいています^^;



秋はすぐそこなんでしょうか。
朝晩は過ごしやすくなりましたね。


私の燻製はピックル液といってちょっとお酒の入ったいわばマイナーな液。
とても濃すぎたのでやはり最初はソミュール液が良いと判断。

【ソミュール液】
◎水・・・1000cc
◎塩(天然塩)・・・150g(塩に対し、15%の塩です)
◎砂糖(三温糖)・・・70g
◎スパイス(お好みのもの)・・・少々

<作り方>
水を沸騰させ、沸騰したら天然塩、三温糖、お好みのスパイスを入れて、
20分ほど煮立たせます。煮立たせたら目の細かいざるなどでこします。
そしてそのまま常温で冷ますと出来上がりです。
上記が基本的なソミュール液の作り方です。

冷蔵庫で1ヶ月ほど保存が効くので作っておくと便利です^^


燻製の塩づけに使用するピックル液は1ヶ月くらい冷蔵庫で保存がOKらしいので、
この液さえ作っておけば、結構気軽に燻製ができます。
(分量どおりに作ると一度にたくさんの液が出来るんです。)

先日、チキンに再チャレンジしました。
20080802-005.jpg

ピックル液を薄めて2日間の塩づけ。
塩抜き5時間。
クルミとリンゴのチップ各1カップ。
大きなグリル口で火は最弱、50分で燻煙。

20080802-006.jpg
これはバッチシ!!
塩加減も程よく、とても良くできました。

段々と鍋の癖と火加減に塩加減がわかってきて・・・。


これも先日初めてストウブで炊飯を。
この時期はまってるもろこしごはん(またかよっ^^;)
20080809-010.jpg
塩の変わりにLURPAKの有塩バターを入れて炊いてみました。
相変わらずカロリーは気にしません(笑)

ごはんもふっくらと美味しく炊けたのですが、
公民館でやっていた市で買ったとうもろこしがまずかった!
全然甘みがないんです。

ごはんの火加減と時間はルクと同じ炊き方で・・・。
認めたくないのですが(笑)ストウブの方が美味しいかも!
蓋の裏のポチポチが良いのかなぁ~。



08/08/2008    闇の子供たち

先日の出張でもうひとつ観た映画は「闇の子供たち」
広島には上映予定がなく、観れないのか。と思っていたところ・・・。
ノンフィクション映画なのでMr.Pも付き合ってくれるだろうと思ったらやっぱりビンゴ!!
Pの会議が終わるのを待ち、21:00~からのレイトショーでの上映をふたりで観ました。

もうずっしりと重く、今でも何かしらこの映画のことを考えている日々です。
何故、全国ロードショーにならないのか怒りすら感じ、何も出来ない自分に無力さも感じ・・・。


人身売買と幼児売買春の事実を取り上げた映画なのですが、
日本人の子供の為に、臓器移植を生きたまま移植手術されるって知ってました?
幼児しか性の対象にならない大人がその為に養子縁組するって知ってました?
小さな子供のあのツルツルしたかわいいおしりから、血が流れ落ちる様。


何も知らず、恥ずかしかったです。



ここにネタバレになりますが、ストーリーをちょこっと抜粋したものを・・・。
(これから観られる方が読んでも映画の内容はもっとすごいので大丈夫です)

------------------------------------------------------

「闇の子供たち」はタイの幼児売春の実態を余すところ無く書いています。
 舞台はチェンマイから約130キロ離れた北部山岳地帯から始まります。
主人公は8歳のセンラーと10歳のヤイルーンの姉妹です。

日本にいれば遊び盛りの年齢ですが、すでに姉は8歳のときに売られて、
売春宿で働かされています。妹も約3万6千円で売られていきます。
父親は娘と別れを惜しむというよりは、あたかも農協に出荷する野菜のように売買の交渉をします。
それが何か特別なことではなくて、村では当たり前なのです。
 
需要と供給の関係から、児童売春にも世界各地にお客がいます。もちろん日本にも。
そのお客を喜ばすために、プロとして徹底的に仕込まれます。
時には子供同士のセックスショーもやらされながら、あるいは、ホルモン薬を注射しながら。
そして、そういう子供たちを本国に連れて帰り、手元において楽しみたいという大人もいるのです。

表向きは養子縁組ですが、まさしく性の奴隷です。実態は生き地獄。
子供たちに救いは無いのでしょうか。

もちろん、現地の社会福祉センターの働きも描かれています。
所長や日本人ボランティアの目覚しい活動に応援したくなります。
しかし子供を売ることが当たり前になっている社会では、どうすることもできないのです。

やがて、当然のように子供たちは病に倒れていきます。
姉のヤイルーンはエイズに罹り、置屋を追い出されます。
生きたままゴミ袋に入れられて、ゴミ捨て場に捨てられます。

彼女はゴミ袋を破り、ゴミ捨て場の腐った食べ物を口いっぱいにほおばって、
故郷に向かって歩き始めます。
行きかう人は穢れたものでも見るように彼女に近づくことはありません。
蟻や蜘蛛やゴキブリ等を食べながら、時には木の皮さえも口にして、やっとの思いで村に帰ります。

そこで会えた父親から「人間か?」とナタを振りかざされるのです。
そして村で檻に入れられてしまいます。もちろん手当てはしてもらえません。

「あんた!あんた!ヤイルーンが蟻に食べられてる!」母親の叫び。
父親はガソリンをまいて、娘を焼き殺してしまいます。
(宮崎 悠さん著より抜粋)


タイを舞台に人身売買、幼児売買春というショッキングな題材を描いたこの映画は、
決して“遠い国の出来事”ではない。
幼児を買う顧客、すなわち加害者の中には日本人も少なくないという重い事実。
そして子供たちを救おうとする新聞記者、NGOの女性職員、フリーカメラマンの青年という
3人の日本人が理想と現実の狭間でもがき、それぞれが過酷な運命をたどっていく様から
目が離せない。

最終的に私達日本人に跳ね返ってくるストーリーは観客のそれぞれの心にずしりと響く。

「闇の子供たち」オフィシャルサイトより抜粋)
-----------------------------------------------

あまり強く映画をオススメすることもない私ですが、あんまりにも衝撃的だったので
お近くに劇場がある方は是非!

上映劇場を書き記しておきますね。

関東
東京 シネマライズ 03-3461-0051  8/2(土)~
神奈川 109シネマズMM横浜 045-664-0109  8/2(土)~
109シネマズ川崎 0570-007-109  8/2(土)~

北海道・東北
北海道 スガイシネプレックス札幌劇場 011-251-6665  8/2(土)~

東海・北陸
愛知 伏見ミリオン座 052-212-2437  8/2(土)~

関西
大阪 テアトル梅田 06-6359-1080  8/2(土)~
大阪 シネマート心斎橋 06-6282-0815  8/2(土)~
京都 京都シネマ 075-353-4723  8/23(土)~
兵庫 シネカノン神戸 078-367-3868  8/9(土)~

九州・沖縄
福岡 KBCシネマ 092-751-4268



世界中の子供たちがいつも笑顔でいれる社会に・・・。



08/06/2008    祈り

【はじめに】
今日は衝撃的な写真がありますのでびっくりされませんように。

---------------------------------------------




先日のキャンペーン旅行の一環で行った原爆資料館。
約20年ぶりに行った資料館はフラッシュをたかなければ写真撮影がOKとなっていました。

ネット社会になり、HPやブログでこの事実を世界の多くの方へ。
ということらしい。

嬉しいことにいろんな国の友人がこのブログを見てくれています。
広島に住む者として少しでも知って頂けたらという思いと祈りを込めて・・・。


今日は63回目の「原爆の日」
63年前の今日、8月6日 8:15 原爆投下。
20080806-01.jpg

20080806-04.jpg

20080806-06.jpg
Intense thermal rays charred the clothes people were wearing.
Bloodstained,skin and clothes in tatters,those who were able fled the devastated city.
Approximately 350,000 people were exposed to the bomb on August 6.
About 140,000 were dead by the end of December.
Many were junior high school students demolishing houses firelanes
in the center of the city.
20080806-05.jpg



In 1984,Mother Teresa proclaimed,
"So that the terrible evil that brought so much suffering to Hiroshima
may never happen again,
let us pray together and remember-works of love and prayer are works of peace"
20080806-02.jpg

No more




出張で横浜に来ています。
Mr.Pは今日から会議。私の会議は明日なのでひとりでぶらり。
Pは絶対に付き合ってくれない映画を見に.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚

「崖の上のポニョ」
jacket[1]
この歌が耳についてどうしようもなかったことと、瀬戸内海が舞台のモデルになっていると聞いて。
何も考えず、楽しみたいと思い、子供達に混じってオバサンひとり鑑賞(* ̄m ̄)プ

今回は考えさせられるようなことはなく、素直に子供の世界は素晴らしいな~と。
単純明快な内容でした。

唯一、そっか~と思ったのは主人公、宗介の母リサが人間の格好をして
宗介に再び会いに来るポニョを何の疑いも持たず迎え入れる場面。

現実だったら、何処から来たの?おうちの人は?ポニョであるわけないでしょ?
と、ついつい子供達に言ってしまいそうなもんだけど、
息子の不思議な体験をスラリと受け入れる。

大人として女性としてこういう余裕は欲しいものだと・・・。
そういう意味では私のヒロインは母のリサ。
もちろんポニョも宗介もかわいいけどね^^

そして川崎ラゾーナにこの春OPENしたル・クルーゼの直営店に行って来ました。
P1000003.jpg

P1000004.jpg
※携帯カメラで撮ったらこんなに大きく・・・。なんでやろ(笑)
さすが直営店!無いものは無い!!といった感じの品揃え。
ここまであると圧巻。こうやって欲しい物が手に取って見れるっていうのはいいですよね^^

次に買うのはココがいいかも~♪






この時期が最高に美味しいもろこしごはん。
20080802-002.jpg

とうもろこしを少し茹でて、入れる方法もあるようですが、
シャキシャキという食感を残したいので
生でそぎ落とし、日本酒と昆布・塩少々、そしてルクちゃんで^^
20080802-003.jpg
甘くて美味しい!大好きなもろこしご飯です☆:*・゚(●´∀`●)


そしてそして・・・。
あずきババロアをまた作りました(笑)
だって美味しいんですものぉー(≧ω≦。)

今度はYAGUさんのアイデアをおかりして抹茶のムースも作り、2層に。
20080802-008.jpg
先日の京都で買った一保堂のお抹茶「若き白」を入れたのですが、
風味が良く正解でした^^

少々、不恰好ですが・・・^^;


YAGUさん~。やってみましたよぉ~♪
GOOOOOOODでした^^

08/01/2008    暑いですねー。

暑い日が続きますね~。
20080728-006.jpg




暑中お見舞い申し上げます!
20080728-007.jpg
と、ルークが申しております。



お身体ご自愛くださいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。